CLS

Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology

東京工業大学
科学技術創成研究院
化学生命科学研究所

LAST UPDATE 2020/06/11

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    松井誠 Makoto MATSUI
    特任助教 Specially Appointed Assistant Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所
    Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology

    分子組織化学領域
    Molecular materials design
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    生体医工学・生体材料学
    高分子化学
    ドラッグデリバリー
    Biomaterials
    Polymer chemistry
    Drug delivery
研究テーマ
Research Subject
機能性高分子材料を用いた新規薬物送達キャリアの開発
Development of novel drug delivery carrier using functional polymer

研究の背景 Background

薬物送達技術(DDS)には、薬物の標的指向化、薬物の安定向上、薬物の徐放化、および薬物の透過性向上の4つの考えがある。特に、薬物を特定の組織・細胞に集積させる技術は、薬物の効果を向上させるのみならず、副作用を低減させる技術として注目されている。また、DDS技術を臨床応用するためには、シンプルかつ高機能な高分子材料の設計が求められている。

A drug delivery system (DDS), such as drug targeting technology, drug stabilization technology, controlled release technology, and hyperpermeability technology, is one plausible technology for enhancing the in vivo biological activity of various bioactive substances. Especially, the drug targeting technology is focused for enhance the therapeutic effect and reduce the side effect. In order to apply the DDS technology to clinical, it requires the development of simple and multifunctional drug delivery carriers.

研究の目標 Outcome

本研究の目的は、薬剤を標的組織、および細胞へと送達することのできる新規薬物送達キャリアの開発と、その臨床応用である。開発した薬物送達キャリアを臨床応用するためには、よりシンプルで高機能な高分子材料の設計が必要となってくる。本研究では、高分子設計技術を応用して薬物送達キャリアを作製し、特定の組織・細胞への集積効果を評価する。さらに、臨床応用に向けて安全性を向上させるための分子設計を行い、高機能型薬物送達技術を確立する。

The objective of this study is the development of clinical applicable novel drug delivery carriers. In order to apply the drug delivery carriers to clinical, it requires the development of simple and multifunctional drug delivery carriers. We have studied the multifunctional polymers for apply the novel drug delivery carriers to clinical.

研究図Research Figure

Fig.1. Scheme of drug delivery system. Fig.2. Scheme of controlled release technology. Fig.3. Scheme of drug targeting technology.

文献 / Publications

Cancer Science. 101(7) 1670-1677 (2010), Acta Biomaterialia. 8 1792-1801 (2012), Oncogene. 33(10) 1274-86 (2013), Surgery. 154(5) 991-9 (2013), Artif Organs. 18(1) 64-71 (2015), BMJ Open. 5(5) e007733 (2015), PLoS One. 10(7) e0133308 (2015)

研究者HP