IMRAM

Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

東北大学
多元物質科学研究所

LAST UPDATE 2017/02/26

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    鎌形清人 Kiyoto KAMAGATA
    准教授 Associate Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東北大学多元物質科学研究所
    Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

    生命分子ダイナミクス分野
    Biological and Molecular Dynamics
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    蛋白質
    DNA
    単分子
    蛍光
    protein
    DNA
    single-molecule
    fluorescence
研究テーマ
Research Subject
タンパク質の構造・機能ダイナミクスの単分子計測基盤の確立
Development of single-molecule measurements for protein dynamics

研究の背景 Background

生体分子の1つであるタンパク質は、その構造を変化させることで、その機能を発揮している。構造ダイナミクスの観点からタンパク質の機能を理解すること、そして、創薬への応用は重要な課題である。

Proteins perform their functions using their structural changes. It is a challenging agenda to reveal the function of the protein from the perspective of the structural dynamics and to apply to drug discovery.

研究の目標 Outcome

がん抑制蛋白質p53を研究対象に選び、p53の構造・機能の関連性を明らかにする。特に、単分子蛍光イメージング法やDNA整列技術を開発し、p53がDNA上を探索する過程を可視化することで、p53の機能の解明を目指す。さらに、p53の物性を利用した創薬法を開発する。

We aim to reveal the function of a tumor suppressor p53 from the perspective of the structural dynamics. To this end, we develop single-molecule imaging methods and the array of aligned DNAs for visualizing the movement of p53 along DNA. Furthermore, we develop the method for drug discovery of p53.

研究図Research Figure

Fig.1. target search problem of p53 Fig.2. single-molecule fluorescence imaging of p53

文献 / Publications

Sci. Rep., 3, 2151 (2013). J. Am. Chem. Soc., 134, 11525 (2012). Adv. Chem. Phys. 146, 3 (2012). 生物物理 52, 104, (2012).

研究者HP