IMRAM

Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

東北大学
多元物質科学研究所

LAST UPDATE 2017/02/26

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    稲葉謙次 Kenji INABA
    教授 Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東北大学多元物質科学研究所
    Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

    生体分子構造研究分野
    Division of Biomolecular Structure
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    タンパク質品質管理
    レドックス
    X線結晶構造解析
    Protein Quality Control
    Redox
    X ray crystal structure analysis
研究テーマ
Research Subject
細胞内のタンパク質品質管理システムの分子基盤
Molecular basis of the protein quality control systems in cells

研究の背景 Background

細胞内には、タンパク質の品質を管理するための巧妙な仕組みが備わっています。一連の分子シャペロン群がタンパク質の正しいフォールディングを促す一方で、構造異常タンパク質を適切に除去するための分解システムも存在しています。

The biological kingdoms have evolved elaborate systems to control protein quality in cells. Various molecular chaperones assist in proper protein folding whereas misfolded proteins are eliminated selectively and efficiently by protein degradation systems.

研究の目標 Outcome

構造生物学・生化学・プロテオミクス・細胞生物学的手法を駆使し、細胞が備えるタンパク質品質管理システムを多角的に解明することを目指します。これにより、細胞内で蓄積するミスフォールドタンパク質が引き起こす種々の病態の分子ベルでの成因解明にもつながることが期待されます。

Employing structural, biochemical, proteomic and cell biological approaches, we aim at the deep understanding of how protein homeostasis is maintained in cells. This work will provide molecular insights into several diseases caused by abnormal proteins.

研究図Research Figure

Fig. 1. Cellular systems underlying protein quality control Fig.2. Our approaches to comprehensive understanding of protein quality control systems in cells

文献 / Publications

Structure 22, 431-443 (2014); Mol. Cell 50, 783-792 (2013); Mol. Cell 41, 432-444 (2011); EMBO J 29, 3330-3343 (2010)

研究者HP