IMRAM

Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

東北大学
多元物質科学研究所

LAST UPDATE 2017/02/09

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    永次史 Fumi NAGATSUGI
    教授 Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東北大学多元物質科学研究所
    Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

    有機・生命科学研究部門 生命機能分子合成化学分野
    Laboratory of Synthetic Chemistry for Biofunctional Molecules
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    オリゴヌクレオチド
    架橋反応
    DNA, RNA
    アンチセンス
    Oligonucleotide
    Crosslink
    DNA, RNA
    antisense
研究テーマ
Research Subject
遺伝子発現の化学的制御を目指した方法論の開発
Development of the strategy for the control of gene expression

研究の背景 Background

ゲノム解析の終了にともない、タンパク質として発現する遺伝子はわずか2%のみであり、残りの98%はタンパク質をコードしない、いわゆるnon-codingRNA(ncRNA)として生体機能の維持調節に極めて重要な働きをすることが明らかとなってきています。これらのncRNAの遺伝子発現制御機構における破たんは、様々な疾患の原因になることもわかってきており、新たな創薬標的としての期待も高まっています。

After the completion of the human genom project, coding DNA sequences occupy only a small fraction and about 98 % of the transcriptional output is represented by noncoding RNA (ncRNA). ncRNAs play the important role for control of gene expression. In addition, the abnormality of ncRNA is caused a variety of diseases. Thus, ncRNAs are a new potential drug targets

研究の目標 Outcome

私たちの研究室では、細胞内において遺伝子発現を制御する機能性分子を独自に設計・合成し、既存の分子にはない新たな機能を持つ人工分子の開発を目標に研究を行っています。既に私たちの研究室では高機能を持つ核酸医薬として、標的遺伝子に対してピンポイントの反応性で架橋反応する人工核酸の開発に成功し、効率的な遺伝子発現制御にも成功しています。現在、これらの分子のさらなる高機能化、及び新規人工分子の開発について検討を行っています。

Our research activities have focused on the creation of functional molecules to exhibit specific recognition and reaction to the DNA and RNA. The functional oligonucleotides would enable chemical modulation of gene expression with high sequence-selectivity at a single nucleoside level. Now, we study the higher functional intelligent molecules for regulation of gene expression.

研究図Research Figure

Fig.1. Gene Expression Fig.2.Crosslinking forming oligonucleotides (CFOs) Fig.3.Selective alkylation in the hydrophobic pocket

文献 / Publications

Chembiochem 2013, 14, (12), 1427-1429. Chem.Commun. 2014, 50, (30), 3951-3954.

研究者HP