IMRAM

Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

東北大学
多元物質科学研究所

LAST UPDATE 2018/04/25

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    村松淳司 Atsushi MURAMATSU
    教授 Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東北大学多元物質科学研究所
    Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University

    金属資源プロセス研究センター, ハイブリッドナノ粒子プロセス研究分野
    Center for Mineral Processing and Metallurgy, Hybrid Nano-particle
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    ナノ粒子
    ゲルーゾル法
    ハイブリッドナノ材料
    単分散粒子合成プロセス
    Nanoparticles
    Gel-Sol method
    Hybrid nano-materials
    Monodispersed particle synthesis process
研究テーマ
Research Subject
高機能性単分散ナノ粒子合成とサイズ・形態の精密制御
Highly functional nanoparticle synthesis with precisely controlled size and shape

研究の背景 Background

サイズや形態が良く揃った単分散ナノ粒子はそれだけでも非常に高機能な材料です。そうしたナノ粒子の合成法の開発研究を行っています。特に水熱合成やソルボサーマル合成をベースに濃厚系の単分散粒子合成法であるゲルーゾル法を組み合わせた新たな合成プロセスに焦点を当てています。これにより、ナノ粒子を溶媒に分散させたナノインクやその塗布によるデバイスの創出など、新たな高機能材料の創製につながるものと期待されています。

Monodispersed nanoparticles with precisely controlled size and shape seems highly functional materials. We are studying the development of their novel synthesis method, in particular, hydrothermal and solvothermal technique combined with Gel-Sol method. It leads to the creation of novel functional materials, such as devices by printing nanoink formed through well stable nano-dispersion of uniform nanoparticles.

研究の目標 Outcome

単分散ナノ粒子合成には3つの条件が必要です。すなわち、核生成と成長の分離、凝集の防止、そしてモノマーの留保です。単独のナノ粒子の場合は均一核生成と成長の速度の制御と、成長する粒子同士の凝集の防止機構の付与が必要不可欠です。一方、担持ナノ粒子において不均一核生成と均一核生成の速度制御、担体の選択などが加わります。これらの条件を整えることでナノ粒子の液相合成の理論的条件はそろいますから、テーラーメイドのナノ粒子の提供が可能となります。

The synthesis of monodispersed nanoparticles requires 3 conditions: separation of nucleation and growth, inhibition of aggregation and storing monomers. For supported nanoparticles, the control in rate both homogeneous and heterogeneous nucleation. Tailor made nanoparticles will be obtained only by precisely regulated synthesis system.

研究図Research Figure

文献 / Publications

中小型タッチパネルの機能・耐久・生産性を向上させる材料技術, S&T 出版 2013/8/29
J. Molecular Liquid, 200, 232 (2014), Nano Letters, 14, 5727 (2014), Molecules, 19, 11395 (2014), Crystengcomm, 16, 5591 (2014)

研究者HP