ISIR

The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University

大阪大学
産業科学研究所

LAST UPDATE 2017/02/26

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    村松大吾 Daigo MURAMATSU
    准教授 Associate Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    大阪大学産業科学研究所
    The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University

    複合知能メディア研究分野
    Department of Intelligent Media
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    バイオメトリクス
    人物行動解析
    パターン認識
    Biometrics
    Human Behavior Analysis
    Pattern Recognition
研究テーマ
Research Subject
行動に基づく人物認証・人物理解
Person recognition and understanding based on human behavior

研究の背景 Background

スマートフォンやデジタルカメラの普及により、映像センサは我々にとって非常に身近なものとなっています。また、街中には多くの防犯用カメラが設置されています。現在はあらゆる場所に膨大な数の映像センサが存在する社会であり、これらの映像センサにより、日々膨大な量の映像データが撮影されています。このような社会においては、映像を利活用することで、より安全で、豊かで、かつ快適な社会を実現できると考えられます。そのため、人映像を対象とした解析技術は多くの分野で期待されています。

Image sensors have been very popular for our daily life through the spread of smartphones and digital cameras. And many surveillance cameras are set in a lot places. A huge number of image sensors are present everywhere in today’s society, and a huge amount of image data have been captured Under this society, we can realize safe, affluent and comfortable society using the images captured by the sensors. Technologies for analyzing human images are expected to be used in a wide variety of fields.

研究の目標 Outcome

人々の行動を撮影した映像等のデータから、人物認証を実現する技術、対象人物の属性や状態を推定する技術の開発を進めています。具体的には歩行動作や署名筆記動作、スポーツ競技における動作を対象とし、その技術確立に必要なパターン認識手法の開発を進めており、身近な認証から犯罪捜査、またスポーツ競技における選手育成等に貢献することを目指しています。

My research topics are constructing methods for identifying person, and estimating attributes/conditions of the person using data associated with behavior/motion. We specially focus on walking, writing, and athletic motion, and design pattern recognition algorithms for the identification and estimation. Our research can be effectively used for access control and criminal investigation, and also expected to be used for coaching athletes.

研究図Research Figure

Fig.1. A typical scene for gait recognition. Fig.2 Synchronized gait features using view transformation model. Fig.3. Data associated with signature writing

文献 / Publications

Daigo Muramatsu, Akira Shiraishi, Yasushi Makihara, Md. Zasim Uddin, and Yasushi Yagi, Gait-based Person Recognition Using Arbitrary View Transformation Model, IEEE Trans. Image Processing, Vol.24, Issue 1, pp140-154, 2015

研究者HP