CLS

Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology

東京工業大学
科学技術創成研究院
化学生命科学研究所

LAST UPDATE 2017/02/25

  • 研究者氏名
    Researcher Name

    小林勇気 Yuki KOBAYASHI
    助教 Assistant Professor
  • 所属
    Professional Affiliation

    東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所
    Laboratory for Chemistry and Life Science, Institute of Innovative Research, Tokyo Institute of Technology

    生物資源部門
    Division of Bio Resources
  • 研究キーワード
    Research Keywords

    細胞周期制御
    遺伝子発現
    DNA複製
    Cell cycle regulation
    Gene expression
    DNA replication
研究テーマ
Research Subject
オルガネラシグナルによる細胞周期制御の研究
Analysis for cell cycle regulation by organellar signal.

研究の背景 Background

葉緑体とミトコンドリアは進化の過程で、細胞内共生によって誕生し、独自のゲノムと、複製、転写、翻訳機構を持っている。近年の研究から葉緑体からのレトログレードシグナルやミトコンドリアからのレドックスシグナルによって細胞全体の機能調節が行われている事が次々と明らかになっており、葉緑体・ミトコンドリアが細胞全体に与えるに影響についての興味が近年高まっている。にもかかわらず、細胞周期とオルガネラとの関係性という視点での研究は現在のところ皆無である。

Plant cells have tree organelles, nuclear, mitochondria and chloroplast. Recent studies reported that signals from organelle are involved in many functional regulation of the cell. However, the relationship with organellar signal and cell cycle regulation is poorly understood.

研究の目標 Outcome

葉緑体とミトコンドリアのDNA複製は核のDNA複製に先んじて行われる。しかし、オルガネラと核のDNA複製調節機構については不明であった。我々は、この機構の一部を明らかにしており、さらなる解明を目指している。

Chloroplast and mitochondrial DNA replication occurs in advance of the subsequent cell cycle composed of nuclear DNA replication and cell division. However, the mechanism by which replication of these genomes with different origins is coordinated is unknown. We have clarified the part of this mechanism.

研究図Research Figure

Fig.1. Model of endsymbiosis Fig.2. Detection of organelle and nuclear DNA replication Fig.3. Model of regulation of organelle and nuclear DNA replication

文献 / Publications

Nature Cell Biol. 13, 483 (2011). Endocytobiosis Cell Res. 20, 53 (2011).
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106, 803 (2009). Plant signal. Behav. 4, 85 (2009).

研究者HP